*

一番大事なこと

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売買の注文をして利幅を生み出す商取引です。

 

買ったり売ったりの値は、常時上下しています。

 

それが為替です。

 

テレビを見ていると、通貨の為替のニュースが流れる場面があります。

 

たとえば、「今日のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを提示しています。

 

別の表現をすると外為取引には買値と売値の両方の値が存在している事を表しています。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと示しているFX会社もあったりします。

 

平常時には売値のほうが買値よりも安価に設定されるものです。

 

投資家が買うときには高く、売るときには安くなるのです。

 

その差分をスプレッドといい、FX業者の利益となっています。

 

スプレッドの幅はFX会社によって変わります。

 

スプレッドの幅はあなたにとって支出となるので狭い取引会社を選択したほうが有利になります。

 

ただ、同じ取引会社でも状況に応じてスプレッド幅は変化します。

 

仮定として平常時はドルと円の組合せでたった1銭のスプレッドの幅とは言っても、レートの動きがとても激しいときには広くなったりする状況があります。

 

ですから、スプレッドの広さが狭いのと同時に、変化が小さいのが大事です。

 

最近では固定でスプレッド幅を見せる取引業者も多くあったりします。

 

実際にFX取引会社の取引画面でリアルなマーケットを見て確認しなければ見分けられないので面倒くさいですが、とても大事な事です。

 

多くの資金を投資して注文をするのだから、実際のエントリーの前に、心惹かれたFX取引会社の新しい口座開設をいくつもして表示されているスプレッドの広さを確認しましょう。

 

同じ外貨でも、その時点の相場の変動率によって外貨のスプレッドの差は異なります。

 

いつもはインターバンク市場で売買高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが小さくあとのペアではスプレッドが大きくなるのが一般的です。

 



コメントする