Top > 文化 > 生活感のない暮らし

生活感のない暮らし

マンション暮らしが悪いというわけではないのですが最近の核家族化や周りとのコミュニケーションのない生活空間を好む人たちの中で、はたして将来どのような子供が育つのか?本来の子供らしい観念は育つのか?と疑問に感じることもあります。

昔ながらの、近所で思いきり外遊びをしたり大きなお兄ちゃん、お姉ちゃんやガキ大将などとのふれあいの中ではぐくんでいく子供の感覚や観念、近所の方とのふれあいで学ぶ人付き合いや社会のルールはとても大切なのではないでしょうか。

「自分の空間を大事にしたい」ということでデザイナーズマンションのようなものも増えていますが、個人的には「生活感のない暮らし」は、あまり恐怖症や精神的な耐性に対する免疫成長のためには適していないような気がしてなりません。

新田義治「恐怖症改善マニュアル」

人とのふれあいは、すべての心の成長に必要であるからです。これが恐怖症にもつながってきて、「不安要素を消し去る」ヒントになるように思えるのです。

文化

関連エントリー
生活感のない暮らし