*

2014年11月

覚悟があるなら仕方がないことも...?!

浮気や不倫なんてするものではないと思います。ただ、子供がいなくて二人だけの問題で、しかもお互いの結婚生活が破綻している状態なら、早く離婚をしてけじめをつけてからの新しい関係ならいいと思います。これなら、不倫や浮気とは言わないんですかね。子供がいたら言語道断だと思っています。不倫や浮気の形は中途半端なのでそこに傷つく人がいる以上、反対です。はっきりさせる覚悟のある関係なら、場合によっては仕方のないこともあるのかなと思います。 素行調査で失敗しない探偵を仙台で探すなら

家族の何気ない一言がきっかけ

何度も、家を出たいと思ったことがありますが、間違いなく言えるのは「父親にうるさく言われたとき」がその原因です。確かに実家に「住まわせてもらっている」身ではあるかもしれませんが、家族であり、同じ人間として言っていいことと悪いことがあると思います。大人になって、何にも考えずに生活しているわけではないんだから、思ったことを簡単に口に出されたら傷つきます。笑ながら冗談で言ったつもりでも本当に不快な気分になります。相談できるような存在ではないので、早く家を出たいです。 原一 探偵 東北

浮気をされた人がすること

恋人や配偶者の浮気は許せませんよね?

浮気をされたことで受けた心の傷を恋人や配偶者に償ってほしいと感じる人は多いはず。

でも、その心の傷に対する償いをどうやってしてもらうか?

 

夫婦の場合は、慰謝料の請求そして離婚といった手段で相手から浮気に対する償いを受けることができますが、恋人同士ではこの浮気に対しての償いというのが軽い。

妻の浮気の実態

 

確かに配偶者の場合では、法的に貞操の義務があるため、これを違反すれば賠償するのが当然ですが、恋人同士だと実質責任や義務といったものが法的に定められているものではないため、何か法的な根拠を持って賠償責任を請求することができない。

 

恋人同時の浮気で出来る範囲としては、「別れる」、「二度と浮気をさせない」といった選択になると思います。

 

この「二度と浮気をさせない」ためには、相手の努力を促すだけではなく、浮気をされてしまった人も努力しなくてはならないこともある。

ようは浮気をしようとする気持ちを無くさせればいいので、浮気をさせないための方法を調べておく必要がある。

例えばどんな努力かといえば、服装などを変えて相手に変化を感じさせたり、不満を感じている場所に気を配ったりといったことです。

浮気の被害者なのに、こんなことしないといけないのか?と思うかもしれませんが、ある程度の妥協も必要かもしれません。

 

そのための準備も必要でしょう。